la mode europeénne sélectionné pour vous

THE GREAT BRITISH WEEKEND

12/15/2017
 
 
先週の日曜日は“オリエント急行殺人事件”を観にいってきました。
キャストがいいですね、そしてイギリス人の発音も...!
ちょっとあの発音を習得したいところではありますが...
 
ちょうど、六本木ヒルズではTHE GREAT BRITISH WEEKENDという
イギリス文化に触れてみましょう!というイベントが開催されていました。
ダブルデッカーバスや、パディントンも展示されていました。
 

 
パディントン2ももう少しで公開ですね。
パディントン1の方ではLBDグループの生地も使用されていたようです:)
 
 

ハープのライブ演奏があったり、


 
 
Bangers and mashやFish and chipsのフードトラックも!
アガサ・クリスティーといい、イベントといい、
思いがけずブリティッシュを満喫した週末でございました。

BENSON & CLEGG

12/09/2017
 
 
いよいよ、師走です。街中はクリスマスのデコレーションや歌で賑やかですね。
私は、毎年この時期に食べる、シュトーレンを先日買い、毎晩食べています。
(ロブションのが好きです。VIRONのものも気になります)
 
さて、本日は来季も継続して展開されるブランド、BENSON & CLEGG(ベンソン&クレッグ)のご紹介です。
 

 

BENSON&GLEGGは1937年にハリー・ベンソンとトーマス・クレッグによって
開業されたテーラーです。
そして長年に渡り、メンズウエアに欠かせない、ネックウエア、ボタン、バッジやカフリンクスなど
伝統的な英国スタイルにインスパイアされた小物も販売してきました。

1944年には、ジョージ6世(エリザベス女王の父)のオフィシャルテーラーとして、
1922年にはチャールズ皇太子の
ロイヤルワラントに認定されています。


 
 
メタルボタンは、日本でよく見るメタルボタンとは違い、ちょうどいい重量感、高級感を感じます。
写真のボタンは個人で購入したものですが、オフホワイトやベージュにも合いますね。




トラッドなブレザーボタン&カフリンクス、到着までもう少々お待ち下さいませ;)

NEWMILL

12/02/2017
 
 
駿河台のイチョウの木が本格的に黄色くなり、鮮やかで綺麗です。
最近、血の巡りが悪いとサプリメント屋さんに相談したところ、
薦められたのがイチョウ葉(ギンコ)でした。血行促進、プラス記憶力にもいいと聞き、
一石二鳥と思いました。あの黄色い葉っぱが!驚きです。
 
本日は、この紅葉シーズンにぴったりな生地をご紹介します。
 

 
 
JohnstonsのNEWMILLバンチより、340/360gmsのツイードコレクションです。
ロイヤルワラントに認定され、チャールズ皇太子の紋章が付いたバンチブックです。
スコットランドのハイランド地方の景色にインスパイアされたNEWMILLのバンチですが、
W.BillやPorter&Hardingとはまた一味違う、綺麗な配色が新鮮です。
柔らかなタッチなので、女性にも重くないのではと思います。
 



お気に入りのリバーシブルコート地も入っています。こちらはカシミア&ウールです。
Johnstonsのカシミアは触り心地が別格です。



 
 
こんなにパキっとしたモノトーンのグレンチェック、ハウンドトゥースもお洒落です。
まだ冬物ご検討中の方は、ぜひJohnstonsも候補にいかがでしょうか。
 
 
 
 
この間、神田の万世橋下で見つけたクラフトビール屋さん。
エキュートに入っていますが、夜は綺麗にライトアップされていて雰囲気が良かったです。
お近くの方はぜひ!